読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とくよしみねの「なぜ生きる」

「私はなぜ生きるのか、何のために生まれてきたのか、どこに向かっているのか、そして、どう生きるべきなのか」これらの問題について仏教および浄土真宗を基に気ままに思いつくまま書きます。  mail:aim_in_life(アットマーク)hotmail.co.jp

是非知らず、邪正もわかぬこの身なり

「是非(ぜひ)しらず邪正(じゃしょう)もわかぬ このみなり 小慈小悲もなけれども 名利(みょうり)に人師(にんし)をこのむなり」
正像末和讃親鸞聖人

 

何も分からない、何が正しいのか間違いなのか、私には判断する力が無い。

ただ、仏様が悪と言われたことが悪いのであり、善と言われたことが善であるとしか言えない。

仏様の言われることは正しいのか、間違いなのか、それさえ分からないが、少なくともこの世の法律よりは正しい教えだと思う。

それくらいの判断しか出来ないのである。

そして私自身は、とてつもない業のかたまりで、さるべき業縁が催せばいかなる振る舞いもする奴なのである。

そんなものに真実など判断することは出来ない。

ただ、一つ南無阿弥陀仏は届いている。

教えとなって音となって私に届いているのは間違いない。

その南無阿弥陀仏にすべてをまかせること、それだけなのだ。

それ以上も以下も無い、ただ、南無阿弥陀仏なのです。

それで私の人生、o.kなのです。

判断する力は無いが、それを選び取ることは出来る。

自分の判断では無いかもしれないが、アーメンでもない、南無妙法蓮華経でもない、

南無観世音菩薩でもない、南無阿弥陀仏なのです。

それで良いのです。

100%ですかと問われると自信はありませんんが、それで良いのです。

南無阿弥陀仏が極楽に生まれる種か、地獄に落ちる種か知りませんが、それで良いのです。そう、思えるのです。

自分で決めたわけではありませんが、そう決めました。

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏