読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とくよしみねの「なぜ生きる」

「私はなぜ生きるのか、何のために生まれてきたのか、どこに向かっているのか、そして、どう生きるべきなのか」これらの問題について仏教および浄土真宗を基に気ままに思いつくまま書きます。  mail:aim_in_life(アットマーク)hotmail.co.jp

信心決定は誰でも出来る。

信心決定は誰でも出来ます。これは私の勝手な思いかもしれませんがそうとしか私は思えません。

また、誰でも出来ると書くと自力一杯頑張ればと直感的に思われる方が多いかもしれませんが、そうではありません。

確かにご法話をしっかり聞かせていただくことは大事です。

しかし、それよりもっと大事なのは、今、現在、「南無阿弥陀仏」と阿弥陀様の呼び声が私に届いていることが事実としてあるからです。

だから間違いなく誰でも信心決定できるのです。

南無阿弥陀仏阿弥陀様そのものです。その阿弥陀様と称名で出会わさせていただいているのだから、現在ただ今、必ず信心決定できるのです。

 

親鸞会時代は、信心決定を雲の上の体験と思っておりました。

選ばれた一握りの人しか出来ないと。

ところが退会してみたらあちこちに信心決定されている方がおられるのです。

これには驚きました。

ただ、信心決定された方でも、その人その人によって様々な方がおられることも段々分かってきました。

当たり前ですが、よく勉強された方や沢山の方を導いた先生方は、的確に悩んでいる人の問題を指摘します。一方、勉強不足や信心決定されていても問題をかかえた方と話していると何がなんだか分からなくなります。

個人的な感想ですが、親鸞会を退会しても後生の一大事を解決したいと思い、そのために御法を謙虚に聞かせていただく心構えの方は、個人差はあっても必ず阿弥陀さまの救いにあずかることが出来ると思うのです。

そういう方を何人も見てきました。それに、偉そうに言うつもりはありませんが、この私でもハッキリさせていただいたのです。

他の方が救われない訳が無いと思うのです。

親鸞会時代の同僚というか同胞と言うか今も親鸞会に残って求めている人たちは、少なくとも私よりも根性があり能力も高くすべてを投げ捨てでも求め抜くぞという覚悟がある人たちでした。

私はそういう人を見て「すごいな~、僕には出来ない。」と思っていました。

また、「どうしてあの人達が救われないのだろう。」とも思っていました。

残念ながらその答えは教えが間違っていたからですが、その方達が本当の阿弥陀様の御本願を聞かれたらすぐに信心決定されると思うのです。

でも、そのご縁に遇えないところが本当になんとも言いようが無いところなのですが。

そして、専任講師のまねごとも出来ない根性なしの私に、そんな私に今、現在、南無阿弥陀仏が届いているのです。

だから、今から退会されて新たに御法を求める方を阿弥陀様が放っておくはずは無いと思うのです。

ですから、何があろうとも親鸞会よりはましですので、諦めずに阿弥陀さまのご本願を聞いて頂きたいと思います。

必ずハッキリする時が来ます。

くどいようですが、阿弥陀様は、現在、ただ今、今現在説法されているのです。

 

 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

追伸:ハッキリすると言いましたが、言い換えれば自力無効と知らされる、又は自他力廃立させていただく、あるいは全分他力と知らされるということです。