読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とくよしみねの「なぜ生きる」

「私はなぜ生きるのか、何のために生まれてきたのか、どこに向かっているのか、そして、どう生きるべきなのか」これらの問題について仏教および浄土真宗を基に気ままに思いつくまま書きます。  mail:aim_in_life(アットマーク)hotmail.co.jp

犬や猫に産まれなくてよかった。

私の母親は既に亡くなっていますが、子供の頃よく言われたことがあります。

「犬や猫に産まれてきたらそのへんで、ワンワンと吠えていたり、ニャーニャーと鳴いていたりしてこんな生活出来ないぞ。」と。

その時、私はそうだなと思う一方、でも犬や猫もあれはあれで幸せではないかとも思いました。

勉強もする必要も無く、ご飯もきちんと食べられるわけだし(うちの飼犬について)、ただ鎖につながれて自由じゃないのはつまらないかもしれないが、猫にいたっては自由に遊んでいるわけだからもっと幸せかもと。

しかし源信僧都は横川法語で以下のように述べられておられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

「横川法語」

それ、一切衆生三悪道をのがれて、人間に生まるる事、大なるよろこびなり。身はいやしくとも畜生におとらんや、家まずしくとも餓鬼にはまさるべし。心におもうことかなわずとも、地獄の苦しみにはくらぶべからず。世のすみうきはいとうたよりなり。人かずならぬ身のいやしきは、菩提をねがうしるべなり。このゆえに、人間に生まるる事をよろこぶべし。信心あさくとも、本願ふかきがゆえに、頼まばかならず往生す。念仏もの憂けれども、唱うればさだめて来迎にあずかる。功徳莫大なり。此のゆえに、本願にあうことをよろこぶべし。また妄念はもとより凡夫の地体なり。妄念の外に別の心もなきなり。臨終の時までは、一向に妄念の凡夫にてあるべきとこころえて念仏すれば、来迎にあずかりて蓮台にのるときこそ、妄念をひるがえしてさとりの心とはなれ。妄念のうちより申しいだしたる念仏は、濁にしまぬ蓮のごとくにして、決定往生うたがい有るべからず。妄念をいとわずして、信心のあさきをなげきて、こころざしを深くして常に名号を唱うべし。

 

現代語訳
生きとし生けるもの全ての中において、三悪道(地獄の世界・餓鬼の世界・畜生の世界)を避けて、人間に生まれるということは、大変希なことなのです。
社会的な地位は低いと言っても、畜生より劣ると言うことではありません。
家が貧しいと言っても、もがき苦しむ餓鬼ではないのです。

心の中に思うことが実現しないと言っても、地獄の苦しみには比べようもありません。
生活の中での不満は、自分が愛おしいという証拠なのです。
多くの人が、浅ましい心根を持っているということは、本当の幸せ(命の尊さに気づく)を願っていると言う証拠なのです。
人間に生まれたことを喜ぶことが大切です。

信心は浅いかも知れませんが、阿弥陀仏の本願があまりにも深いので、タノメば必ず浄土に往生出来るのです。
念仏を称えるのは気の進まないことでしょうが、唱えれば、必ず来迎(臨終の時に、阿弥陀仏のお使いに迎えに来ていただける)に出会えるのです。
阿弥陀仏の功徳は莫大なのです。
ですから、阿弥陀仏の本願に出遭うことを、大切に喜ぶべきなのです。

また妄念は、本来私たち凡夫に備わったものです。私たちは妄念の外には別の心などないのです。
臨終の時までは、私は妄念の凡夫なのですと自覚して、一向に念仏すれば、来迎に出遭って、蓮の台(うてな)に乗る時にこそ、妄念をひるがえして、さとりの心を持つことなるのです。
妄念を持ったままで称えている念仏は、よごれに浸まない蓮のように、必ず浄土へ往生するのですから、絶対に疑ってはならないのです。
妄念があると言う事実を嫌わないで(妄念あるがままで)、むしろ、真実の信心が浅いのだと嘆いて、心をしっかりと保って、南無阿弥陀仏の名号を唱えることが大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

確かに犬や猫に産まれてきたら御念仏は称えられなかったし、信心について知ることも無かった、生きる意味も分からず、ただ、生死を繰り返していただけだなと思います。

幸せが何かも分からず、空しいとも何も分からず生きていたのでしょう。

やはり人間に生まれ、仏法に出会えて良かったと思います。

ところで源信僧都のお言葉ですが、やはり何処にも後生の解決のために善をせよとはありません。

どこかの先生の教えとは全く異なることがはっきり分かります。

また、なぜ生きて行かなければならないのか、何のために生きるのかも答えが書かれています。そしてどうすれば良いのかも答えられています。

 

御念仏しながら、そのまま聞くだけだなと聞かせていただきます。

臨終来迎のことも書かれていますが、凡夫の私には関係のないことです。妄念妄想のまま称えさせていただくだけなのです。

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏