読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とくよしみねの「なぜ生きる」

「私はなぜ生きるのか、何のために生まれてきたのか、どこに向かっているのか、そして、どう生きるべきなのか」これらの問題について仏教および浄土真宗を基に気ままに思いつくまま書きます。  mail:aim_in_life(アットマーク)hotmail.co.jp

空しいとは

今回はこの言葉にこだわってみたいと思います。

一般的に空しいとは以下のように使います。

むなし‐い

【空しい・虚しい】

《形容詞》

1 からっぽだ。内容がない。 「―弁舌」

2 むだだ。かいがない。役に立たない。 「―努力」

3 頼りにならず、はかない。 「人生、何事も―」

4 ―・くなる死ぬ。                                                   

しかし自分が空しいと思うときはどういう時かと考えてみると、どうもはかない人生とかよりも自分の欲望が満たされないとき、そしてそれがどうしようもないときに「あ~空しいな~」と思っていたように思います。    
本当に人生何も残らない、すべてが無駄ではないかという思いもあるでしょうが、どちらかというと自分の夢が破れたり自分の思うとおりに周りが動かなかったりする時、怒りを通り越した後に空しいと思うのはやはり欲望が満たされなかった事により出てくる感情ではないでしょうか。                          
いやそんなことは無い、自殺したくなる人は人生何一つ当てにならずはかなく空しいと思っているのではないかと言われるかもしれませんが、自殺の原因はそんなことより死んだ方が楽になると思ってされる人の方が多いように思うのです。 私感ですがニュースやブログなど読んでいるとそう思うのです。

結局自分の思いが通らない、満足できない、死んだ方が楽と間違った考えに陥っているような状態ではないのかと。
一方、そうじゃない方も沢山いるでしょう。

いずれにしても空しいというのは、この世の人生に満足できていないことやどうしようもない感情により自分を抑えることが出来ないものでしょう。
                                                                                                                                             
鸞聖人は御和讃で以下のように言われています。                                                             

本願力にあひぬれば
むなしくすぐるひとぞなき
功徳の宝海(ほうかい)みちみちて
煩悩の濁水(じょくすい)へだてなし                      

高僧和讃
                                                                                                
曠劫多生のあいだにも
出離の強縁しらざりき
本師源空いまさずは
このたびむなしくすぎなまし                          

高僧和讃


親鸞聖人は仏教に出会えなければ、阿弥陀様の御本願に出会えなければすべては空しい人生となってしまうと言われています。仏教に出会い阿弥陀様とのご縁を結ぶことは本当に有り難いことであり、その事によって人生は大きく変わることは間違いありません。

逆に言えば阿弥陀様の御本願に遇わせていただいたなら空しいことは何もないということになります。
どんな人の人生も全く空しくないということになるのです。お金持ちであろうが貧乏人であろうが、いかなる人の人生も全く空しくないのです。                   
私はこの世に生きている人はすべて阿弥陀様の御本願に願われて人たちであり、その人生がどうであれすべては阿弥陀様の本願に遇わせていただくための人生なのですから空しいなどと言うことは無いと思うのです。      
だから自分の幸せを願っていろんな迷いを重ねても、いつかは仏様のご縁に遇わせていただけるのではないかと思います。そう思いたいのかもしれませんが、そう思います。

阿弥陀様は光明無量、寿命無量なのです。連続無窮の働きをされるわけです。でなければ私が今阿弥陀様とのご縁を結べるわけがありません。

だからこそ阿弥陀様とのご縁があった以上、大いに御念仏を称えさせていただかなければいけないと思うのです。 そこには空しいという言葉は存在しないと思うのです。

                                           
今回はちょっと言い切ってみます。どんな生活であろうがこの世は空しくないのです。一番空しいのは仏様、阿弥陀様とのご縁を結ばずに人生を終わることです。
                                                                   
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏