とくよしみねの「なぜ生きる」

「私はなぜ生きるのか、何のために生まれてきたのか、どこに向かっているのか、そして、どう生きるべきなのか」これらの問題について仏教および浄土真宗を基に気ままに思いつくまま書きます。  mail:aim_in_life(アットマーク)hotmail.co.jp

オウム真理教 教祖と弟子の死刑

 2018年7月6日と26日に、ご存じのようにオウム真理教の教祖、麻原彰晃 他 弟子12人の死刑が執り行われました。

 過去にこれほどの死刑が執り行われたことを私は知りません。

 オウム真理教については、地下鉄サリン事件で覚えている人が多いと思います。

 ヨガの修行をして覚りを開くことを目的としながら、結果的には麻原彰晃の欲望から出た目的を達成することが弟子達の目的となっていました。

 まさしく一盲衆盲を率いて火口に堕つを地で行く団体でした。

 当初は純粋にヨガを通して、覚りを求めていたようですが団体が大きくなるにつれ歪んでいきました。

 結果的には、カルト宗教と呼ばれる団体となりはてました。

 麻原彰晃については、私が高校生の時、近くの本屋にぴょんぴょんしている写真が表紙の本が沢山並んでいました。

 ぺらぺらめくって読んだ記憶があります。

 何が書かれていたか忘れてしまいましたが、当時、個人的に沖正弘師の著書、「実践瞑想ヨガ入門」に基づきヨガをしていたので、麻原彰晃の本を「ふーん」という感じで読んでいたことを覚えています。

 たぶん、不思議体験的なことが書かれていたと思いますが、既に自己流ですがそれなりに不思議体験をしていましたので麻原彰晃の本にあまり興味はありませんでした。

 しかし、何も知らなければ引っかかっかたかもしれません。

 死刑になった弟子の中川智正は、オウム真理教から心は離れていたと聞きますが、残念ながらこの世は自分の犯した罪は償わなければなりません。

 社会的制裁を受けなければなりません。

 彼もオウム真理教に出会わなければ立派な医者になっていたかもしれません。

 また、お釈迦様の時代ならば懺悔することにより許されたかもしれません。

 すべては後の祭りです。

 高森顕徹会の会員は、高森会長の言われるがままに偽装勧誘や人集め、金集めを行っていますが、オウム真理教ほどの犯罪は犯さない団体だったことは不幸中の幸いと言えると思います。

 しかし、必ず自分の行った行為の結果は受けなければなりません。

 それは、今生だけでなく来世にも間違いなく引き継いで行きます。

 そして、我が身の後生を考えたとき、身震いすることがあります。

 高森会長を初め、専任講師から末端の会員に至るまで、我が身のなした業から逃げることは出来ません。

 

 個人的には、地獄(何処に行くか分からないがとても極楽に生けるようなものでない)に落ちるのが定めと知らされ、それを受け止めるしかないことも知らされました。

 阿弥陀さまを我が物にしようとしていたのが、大きな間違いと知らされました。既に阿弥陀さまは先手だったのです。

 落ちるしかない私を落ちるそのままで救うと誓われていたのですから。

 

 今思うと、よくぞあの高森顕徹会から抜け出させて頂いたものと、遠く宿縁を慶ばずにおれません。

 劣化した高森会長の結論の無い話を何十年も聞かされ、半ば今生での後生の解決は諦めていながら、他に行っても真実は無いとマインドコントロールされていましたから。

 

 だから、未だ会員として高森顕徹会に在籍している人の話を聞くたびに非常に残念な気持ちになります。

 知識帰命でいることに安心しているのか、高森顕徹会以外を知らないのか、知ろうとしないのか、いずれにしてもその人の宿業、宿縁としか言いようがないのですが、その言葉で片付けることが出来ないくらい複雑な気がします。

 ある現役会員が退会者に愚痴を言っているという話を聞きました。

 だったら退会すれば良いのに退会出来ずにいる人がいるということは、その人にとって後生の一大事の解決はどれくらいの問題なんだろうと疑問に思ってしまいます。

 この一大事、解決出来なかったらどうなるのか。

 本当に分かっているのか。

 たとえ死刑にならなくても、一瞬先は間違いなく闇の中です。

 分かっていなくても、教えられたことが本当だとすればなんとかしようとするものです。私は高森顕徹会で教えられた後生の一大事の解決を知ってなんとか解決したいと思って生きてきました。

 そして、高森顕徹会では後生の一大事の解決が出来ないことがハッキリしたから、高森顕徹会を退会したのです。

 だから、そのことを問題にせず一体何のために高森顕徹会にいるのか、そう思ってしまいます。

 

 あー、現在、ただ今、落ちるそのままの南無阿弥陀仏、それしか無いんです。

 こんなに簡単なことだったのかと思うのですが・・・。

 そういう意味でも、この教えは極難信ですね。

 

 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

 

 

 

勉強会の感想

今回は、退会者3人の感話を行いました。
いろいろ考えた結果でしたが、結構好評だったので、またやろうかとも思いました。
私を含め、3人それぞれの今のところを色々な話を交えて話されました。

高森会の会員に成った理由や、退会した経緯、そして、聞法で苦しんだところなど、それぞれの求道を話し、今、伝えたい話などをしていただきました。
そして、今、ここでの阿弥陀様の救いを話していただきました。
先延ばしすることなく、今、出会って欲しいとのメッセージが有り難かったです。

私は、感話の最後に梯先生のお言葉、今、ここで、仏に遇う、その事を話させていただきました。
お釈迦様のお言葉は、生きて今、私に届いているのです。
仏様にお目に掛かりたければ、お聖教を読むことです。
そこに仏様はいらっしゃります。

参加者の感想も意外と良かったので、結構嬉しかったです。

幸い、勉強会を邪魔されることなく無事終えることが出来一安心です。
本当に撮影担当も決めてビデオカメラも用意していました。
実は、同じ日に高森会のW講師が名古屋で話をしていたようです。
まあ、どんな話か想像はつきますが。

それから、参加された方で希望される方には会計報告をいたしますので私までメールしてください。
基本的に今回の参加費はすべて次回の勉強会の費用に回しています。
私を含め感話をした3人は、参加費も払っています。

今回、連絡を頂きながら都合で参加出来なかった方もいらっしゃいますが、
どうか気軽に参加してください。
個人情報は、必ず守ります。
安心して参加出来る勉強会をこれからも開催したいと思っております。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

勉強会のお知らせ

とくよしみね からのお知らせです。

近年夏に、勉強会を行っていましたが、今年は事情がありまして先生をお呼びすることが出来ませんでした。
そのため、どうするのか考えていましたが、今回は退会者の三人による感話を行いたいと思います。
場所は、今までメールでのお知らせをしていましたが公開します。
日時は8月26日の日曜日です。
場所は、愛知県刈谷市産業振興センターです。
時間は10時から予定しています。
どなたでも参加可能です。

ただし、妨害等される場合は撮影の上それなりの対応をさせていただきますのでご了承願います。

よろしくお願いします。

とくよしみね

今日褒めて明日悪く言う人の口 泣くも笑うも嘘の世の中

今日褒めて明日悪く言う人の口 泣くも笑うも嘘の世の中
 

この歌は、一休禅師の歌です。
一休禅師はこのほかにも沢山の歌を詩っています。

我こそは屁たれ坊主よ芋食うて 仏(ぶっ)と消えなん身こそ安けれ


世の中は食うて稼いで寝て起きて さてそのあとは死ぬるばかりぞ


一切の衆生と仏へだてなし 隔つるものは迷い一念


鬼という恐ろしものはどこにある 邪見な人の胸に住むなり


門松は冥途の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし


袈裟が有り難く見えるのは、在家の他力本願


女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む

 

他にも沢山の歌を書いています。
なかなか微妙な歌もあります。
本当に自由な人だったんですね。

個人的には、「 今日褒めて明日悪く言う人の口 泣くも笑うも嘘の世の中」を読んであらためて本当だなと思っています。
自分を振り返って、自分に都合のいい人は持ち上げて、自分に都合の悪い人はけなし、
どうでもいい人はほったらかしです。
それを瞬時のうちに行い何も反省もしません。
それどころか悪く言っていた人が自分に良くしてくれればとたんにいい人に早変わりします。
煩悩具足の凡夫そのものです。
仏語に虚妄無しですね。(一休禅師の言葉を仏語に思っています)

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

同級生が亡くなりました。

同級生が亡くなりました。

ご主人が先に亡くなり、そのショックで暫くして私の同級生が亡くなりました。

同級生のお父さんもお母さんも良く知っている人です。

お悔やみを言いに言ったら、子供が先に亡くなるのは辛いと一言言われました。

私は、どうか力を落とさないでくださいとしか言えませんでした。

行きたくなかったのですが、行かなければならないと思っていました。

阿弥陀様から命を頂きながら惰眠をむさぼっている私に鉄槌を下されました。

たまらん。

辛い日でした。

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

木村無相師

  念仏者といわれ、念仏詩人ともいわれた木村無相師が亡くなられたのは昭和五十九年一月六日(八十歳)です。
  無相師は明治三十七年に熊本県に生まれ、幼い頃父親の仕事の関係で両親に連れられて満州にわたりました。しかし、そこでの生活がイヤになり、十四歳の時、家を出て平壌に行き、やがて十七歳の時、日本に一人で帰国します。
  二十歳の頃、ふっと自分の内心に目が向き、両親を怨む自分の根性のひどさに驚いて道を求め始めました。
  二十五歳から二十九歳までフィリピンのプランテーションで働いていた時、「オレの助かる道はどうやら仏教の中にあるようだ」と見当をつけ、帰国して四国遍路に出、やがて高野山に上り真言宗の修行に励まれました。
  高野山では自らへの厳しい修行とともに専門道場にいる若い修行僧の世話をされました。
 しかし、真言宗の自力修行に行きづまり、真宗を求めて真宗の寺で勤めたりもされました。時にはスランプに陥り会社の事務員をされたこともありましたが、思い直して真言宗の修行に戻り、それがまた壁にぶつかって再び真宗に向かうというような、真言宗真宗を三度も往復されたのです。      

 しかし五十歳半ばになって 「自分のようなお粗末な人間にはもう真宗しかない」 と心が決まりました。その頃の無相師の句に、  

 「秋彼岸 しみじみおもう 身のおろか」

というのがありますが、この頃の心境がよく伝わってきます。
  それで五十七歳の時、真宗を一筋に聞ける場所を求め、東本願寺の同朋会館の門衛になって真宗聴聞に励まれました。
  こうして無相師の真宗聴聞一筋の生活がはじまりましたが、それはやがてお念仏中心の聞法生活になっていきました。六十歳半ばを過ぎた頃の詩に、  

 「道がある 道がある たった一つの道がある  ただ念仏の道がある  極重悪人唯称仏」

  というのがありますが、それまで真宗聴聞を続けても、真宗の説かれ様はさまざまであって、これというはっきりとした真宗求法の要が定まらなかったのですが、六十歳半ばになって、文字通り念仏往生の道に順ってお念仏を申していくという道が定まったのです。       

 念仏寺の土井紀明師は木村無相師との最後を以下のように書かれています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 亡くなられる前(昭和五十八正月三日)にお会いした時も、大変苦しい息の中から遺言のように言われました。

 『凡夫に属することは何もいらんの。普通の無仏法。無信仰の人と同じでええの。
少しでも真宗的らしい気持ちになろうとすること、色気や、そんなものは・・・。
信心の得益というのは、何か信心いただいたら特別なことがあるように思うけど、その錯覚を取り除いてくださって、信心いただいてもいただかなくても、全く素人と同じじゃということを瞭(はっ)きりさせてくださるの。
じゃから普段の生活に迷いがなくなる。
これが人生であり、これが自分であるということを瞭きりさせてもらえる・・・信心ぶらんでそのまま死なしてもらえるのじゃ。
信者ぶらんでそのまま生きさせてもらえるのじゃ。
それが信心の得益や・・・。
信者になろうとするから苦しむの。
信者になれんまんまで上等なの。
それが最高じゃ。
今から聞いて信者になろう一生懸命になる。
信者になろうと思わんでもええの。
本当に気休めでない。
ごく普通の平凡な人として終わればええの。
・・・六十年の聞法求道の結果は、お念仏一つ。
それも、ただ念仏せよの仰せのままに称えるということだけでな、それより外はない、念仏一つ、念仏せよの仰せ一つ。
病院にいると有難いことに凡夫の方には何もないんじゃということが思い知らされる。苦しければ苦しいまんま、お念仏だに申さず終わらせてもろうてもそれで充分。
極楽があろうが無かろうが参らせてくれようがくれまいが、それは如来様の仕事じゃ。わしの仕事と違う。
お聞かせをいただくだけのこと』と、臨終差し迫ったなかで、わが計らいで聞こうとしても聞くことのできぬお言葉を賜ったのであります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 土井紀明師も20年以上の求道の末、阿弥陀様の御本願にお遭いしています。
 人それぞれの求道はあります。

 今回はほとんど念仏寺のブログから引用しました。
 土井紀明師の「仏に遇うまで」という本の中にも木村無相師との出会いが書かれています。
 この土井紀明師の師事された先生方がまたすごいのです。
 ご縁があれば読んで見てください。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

不飲酒

不飲酒とは文字どおりお酒を飲んではいけないと御釈迦様の教団内で決められた戒律の一つで、その後あらゆる仏教教団で採用されて行きました。

もともとの経緯は以下の通りです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世尊は支提国(しだいこく)に遊行してバッダヴァティカーに行こうとされた。

村人は世尊に、アンバティッタには螺髻梵志(らけいぼんじ)の庵に毒牙をもった龍がいるので行かないようにと言った。

世尊は黙然として遊行されて、バッダヴァティカーに到着された。

その時、サーガタはアンバティッタの螺髻梵志の庵に行った。

龍は火を吐いたが、サーガタも火焔三昧に入って火を吐き龍を調伏した。

世尊はバッダヴァティカーに随意の間住されてから、コーサンビーに向かって出立された。

コーサンビーの優婆塞(うばそく)たちは「尊者サーガタは龍と戦った」と聞いて、世尊を歓迎してサーガタのところに行き、「何ものが得難くて好ましいですか、私たちは何を調えましょうか」と言った。
六群比丘(ろくぐんびく)は「カーポーティカーという酒は純浄にして、得難く好ましいものである。これを調えよ」と言った。

そこでコーサンビーの優婆塞たちは家ごとにカーポーティカーを用意して、乞食に来たサーガタにこれを飲ませた。

そこでサーガタは町から出るとき門口で倒れた。

世尊は多くの比丘と一緒に町を出るとき、倒れているサーガタを見いだし、僧園に持って帰った。

サーガタは寝返りを打って、世尊に足を向けた。
そして世尊は「スラー・メーラヤ酒を飲むは波逸提(はいつだい)なり」と制せられた。

VinayaPAcittiya051(vol.Ⅳp.108)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

龍が火を噴いて住民を困らせていたので、サーガタ尊者が神通力で龍を退治しました。

そのお礼に何か供養したいと住民が言いました。

サーガタは断ったのですが、六群比丘が珍しい酒があるそうなのでそれを供養して欲しいと頼みました。

サーガタは供養を受け倒れ、釈尊が連れて帰ってもそのままぶっ倒れて仏に足を向けて寝ていたと言うことです。

酒を飲みすぎて倒れたということです。

どれだけ神通力があろうが酒に酔っては、その力が働かなくなってしまうのです。

 

ここで六群比丘というのが出てきますが、この人達は教団内の不良な人たちのことです。

教団にいながら戒律も守ることが出来ずに煩悩に流されている人のことです。

この六群比丘に誘いに乗ってしまったということです。

 

個人的には不覚にも先日、記憶が途切れるくらい飲んでしまい何を言ったか半分くらいしか覚えていませんでした。

そこまで酔っ払うのはなかなか珍しく恥ずかしい想いをしました。

誰にも誘われたわけでなく自ら行ってますので、六群比丘と同じです。

そんなんでとても仏教者とは言えないですね。

浄土真宗でなかったら、阿弥陀様でなかったらとても私などは救われる手立ては無かったでしょう。

 

酒は飲んでも、飲まれるな

 

当たり前のことが出来ていません。

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏