とくよしみねの「なぜ生きる」

「私はなぜ生きるのか、何のために生まれてきたのか、どこに向かっているのか、そして、どう生きるべきなのか」これらの問題について仏教および浄土真宗を基に気ままに思いつくまま書きます。  mail:aim_in_life(アットマーク)hotmail.co.jp

胸が苦しい

「なぜだろう。

胸が苦しい。」

 

幼稚園児が幼稚園バスに閉じ込められ熱中症で亡くなったという事件が起きました。

これで最近の事件として2件目です。

1件目の時も嫌な思いがいっぱいしましたが、今回はさらになぜか心がざわついて仕方が無いのです。

ニュースを聞くのも嫌になってきます。

家で話が出ると「やめてくれ」と叫びたくなります。

 

「どうもこうも可哀想で可哀想で仕方が無い。

心が張り裂けるようだ。

自分の子供だったらと想像すると「子供を、娘を返せ!!」と狂ったように叫ぶだろう。

宿業なんて言葉で片付けたくは無い。

分かってはいるが本当に残酷な事件だ。

また、幼稚園の理事長の身勝手さも腹が立つ。

「腹を切れ」と言いたくなる。

しばらくはそんな感情に振り回されるのだ。」

 

よくよく考えてみれば世界では同じような事件が至るところで起きています。

ウクライナでは爆弾で子供の多くが亡くなっています。

アフリカでは飢餓で子供たちが死んでいます。

北朝鮮でも同じことが起きています。

私が小学校でアフリカは飢餓の人が多いと教えられてから今も同じ状態が続いています。

結局、権力闘争に明け暮れ人々の幸せよりも自分の煩悩を優先する指導者たちによって引き起こされているのです。

アフガニスタンタリバンによってまた貧困状態に陥っています。

そういう話は耳にずうっと入ってきていますが、それでも今回の事件は私の心をざわつかせました。

身近に感じてしまっているのです。

 

「どうしてその子はこの世に生まれてきたのか。

何のためにと。

仏教を知らせるためにこの世に生まれてきたのだど言うこともできるかもしれない。

世の無常を知らせるためと。」

 

夢の世に あだにはかなき 身を知れと 教えて帰る 子は知識なり

和泉式部

 

何が和泉式部にあったか分かりませんが子供が亡くした悲しみは察するににあまりあります。

書いているうちに少し楽になった気がします。

末法は煩悩濁、衆生濁(五濁のうちの2つ)※1の時代になるとお釈迦様が予言されています。

人間の劣化が進んでいるのかもしれません。

仏説まことと言わざるを得ません。

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

※1

五濁

末世においてあらわれる避けがたい五種の汚れのこと。

①劫濁(こうじょく)。時代の汚れ。飢饉や疫病、戦争などの社会悪が増大すること。
②見濁(けんじょく)。思想の乱れ。邪悪な思想、見解がはびこること。
③煩悩濁(ぼんのうじょく)。貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)等の煩悩が盛んになること。
衆生濁(しゅじょうじょく)。衆生の資質が低下し、十悪をほしいままにすること。
①命濁(みょうじょく)。衆生の寿命が次第に短くなること。


阿弥陀経
舎利弗、われいま諸仏の不可思議の功徳を称讃するがごとく、かの諸仏等もまた、わが不可思議の功徳を称説して、この言をなさく、〈釈迦牟尼仏、よく甚難希有の事をなして、よく娑婆国土の五濁悪世、劫濁・見濁・煩悩濁・衆生濁・命濁のなかにおいて、阿耨多羅三藐三菩提を得て、もろもろの衆生のために、この一切世間難信の法を説きたまふ〉と。

舎利弗、まさに知るべし、われ五濁悪世においてこの難事を行じて、阿耨多羅三藐三菩提を得て、一切世間のために、この難信の法を説く。これを甚難とす」と。

 

 

勉強会の感想

変異した武漢コロナが蔓延するなか無事に勉強会が開催できました。

10人以上が参加してくださりとてもありがたかったです。

開催して思うのは仏法聞きがたし、また、我が身の幸せです。

統一教会の件で世間一般では宗教は危ないとのイメージしかありません。

本物を知らない人には皆同じに見えるのでしょう。

残念ですがそれが現実です。

私の知り合いはガンで亡くなる前に私に人生に後悔は無いかと聞いてきました。

私はそのころは一番喜んでいたときでしたから後悔無いと断言してしまいました。

今思うにその人は後悔いっぱいだったのでしょう。

あとでものすごく後悔しました。

もっとよい伝え方があるのではないかと。

命が終わるときに臨んで後悔しても時間はありません。

結局何も伝えられずに2年ほどで亡くなって行きました。

 

大命将に終わらんとして悔懼(けく)交々いたる

無量寿経

 

仏教は苦しみを除く法です。

仏教を聞くことによって苦しみが除かれていくのです。

心が軽くなっていくのです。

小説家がぼんやりとした不安と言いながら死んでいくのとは訳が違います。

そのことは一言で伝えることはできませんが、

喜んでいる人を見て人は惹かれていくのだと思います。

信心歓喜の世界を説くことほど難しいけどすばらしいことは無いと思うのです。

 

そうは言っても統一教会も喜んでいる人がいるからなんと言って良いのか。

結局時間をかけて話していくしかないのでしょう。

遠く宿縁を喜べと言われたお言葉がありがたく感じます。

 

勉強会は私のための法話でした。

ご縁があれば来年も行いたいと思います。

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏 

 

機法二種一具の深信

機法二種一具の深信という言葉があります。
いわゆる二種深信と言われるものです。
機と法が一つに備わった深信ということです。
深信については、観無量寿経の中に深信という言葉があります。

もし衆生ありてかの国に生ぜんと願ずるものは、三種の心を発して即便往生す。なんらをか三つとする。一つには至誠心、二つには深心、三つには回向発願心なり。三心を具するものは、かならずかの国に生ず。(観無量寿経)

そして、その中の深信を善導大師が解釈されたお言葉が散善義に以下のようにあります。
また、それを親鸞聖人は教行信証に引文されています。

深心といふはすなはちこれ深く信ずる心なり。 また二種あり。
一には決定して深く、自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかたつねに没しつねに流転して、出離の縁あることなしと信ず。
二には決定して深く、かの阿弥陀仏の、四十八願衆生を摂受したまふこと、疑なく慮りなくかの願力に乗じてさだめて往生を得と信ず。(散善義 ),(教行信証 信巻)

観経のお言葉は、阿弥陀様のお浄土に生まれるものは三つの心をおこすといわれ、その二つ目に深信といわれています。
本願の信楽と同じです。※1
ご信心は深信とおなじであり、それに二つのお心があるといわれています。
一つを機の深信と言い、もう一つを法の深信と言います。
これは信心に二つの面があると思っていただいた方がわかりやすいです。
片方だけではなく、二つが一つ、紙の裏と表のような関係です。

この二つがそろって初めて真宗のご信心ということができます。
言い換えれば片方だけでは、真宗の御信心とは言えません。
このことは、本願寺が出している安心論題に明らかです。

『やさしい安心論題の話』灘本愛慈 から少し引文します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 機実を知らされるということは、罪悪生死の凡夫で出離縁あることなき私であると知らされることであり、出離の縁あることなき私であると知らされることは、私のカが出離のために役に立たないと知らされることであり、私の力が役に立たないと知らされることは、私のはからいを捨てるということであります。ですから、信機は捨機であるといわれます。

 法実を知らされるということは、如来の願力のひとりばたらきで救われると知らされることであり、願力のひとりばたらきで救われると知らされることは、すっかり願力にお任せするということであります。ですから、信法は託法(たくほう)であるといわれるのであります。

 わがはからいを捨てたのでなければ、如来の願力にお任せしたとはいえませんし、如来の願力にお任せしたのでなければ、わがはからいを捨てたとはいえません。いいかえますと、自力を捨てたのでなければ他力に帰したとはいえませんし、他力に帰したのでなげれば自力を捨てたとはいえません。こういう意味において、捨機即託法であり、捨自即帰他であります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上からも分かるように機の深信は、私の力は後生の解決に全く役に立たないだけでなく、罪悪生死の凡夫であることが知らされると言うことです。
法の深信については、阿弥陀如来の一人働きで救われるのであり、阿弥陀様にお任せした状態であると言うことです。
また、任せるというのはこちらの計らいはいらないと言うことができます。
ここから推察できるのは、私には何一つ証拠は無い、すべて阿弥陀様にあると言うことができます。
だから安心できるのです。

この機法二種一具の深信をバランスよくお話をしてくださる先生はなかなかいないような気がします。
阿弥陀様のお慈悲だけ話していた方が人から攻められることも少ないからでしょう。
少し昔(たぶん戦争前後のころと思います)「御説法に法を持ち出したら負け」と言われていたと聞きます。
なぜそう言われるかというと阿弥陀様のご本願が証拠ということを握ってしまって、機の方がおろそかになるからです。
ですから、蓮如上人の「信心を獲れ」という言い方の方が間違いが無いのです。
御信心をいただいたか、いただいていないかを問題にすべきだということです。
御信心は結局二種深信に他ならないからです。
これについても最近はあまり言わなくなっているような気がします。
機だけでも間違いですし、法だけでも間違いですから、
「仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし」であるべきと思います。
仏願の生起は私の機のことであり、本末は法のことと言えます。

三河のお園さん」は以下のように言われています。

機を見ればどこをとらえて正定衆
法に向かえばうれしはずかし

機の罪あるなしの詮索は必要ないとはいえ、御信心をいただけばこの二つのお心が一つとなり味わいとして出てきます。



現在、ただ今、落ちるそのまま
我をたのめ、我が名を称えよ、必ず救う

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏


※1
教行信証』信巻の「三心一心問答」には、第十八願の「至心・信楽・欲生我国」が「信楽」におさまり、それが「一心」であり、「真実の信心」であると述べられている。

今三心の字訓を按ずるに、
真実の心にして虚仮雑ること無し、
正直の心にして邪偽雑ること無し、
真に知んぬ、
疑蓋間雑無きが故に、是を「信楽」と名く。
信楽は即ち是れ一心なり。
一心は即ち是れ真実信心なり。

勉強会のご案内

とくよしみね からのお知らせです。

新型コロナの蔓延により中止していました勉強会を今年は開催したいと思います。

日にちは、8月27日(土)です。

時間は、午前10時から午後5時までです。

場所は、JR刈谷駅前の産業振興センターの201会議室です。

講師は、宮田秀成師を予定していますが、宮田さんのご法話は午後のみで、

午前は有志による感話を行いたいと思っております。

午後は13時30分から行う予定です。

どなたでも参加していただいて結構です。

また、新型コロナの感染対策は行います。

マスクの着用をお願いします。

よろしくお願いします。

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

追伸です。

参加費のご案内がありませんでした。

午前500円、午後2000円です。

参加された方に対しご希望される方には会計報告はいたします。

また、ZOOMでの対応は予定していませんが、希望される方が多い場合は検討しますが期待しないでください。

以前対応しましたが映像や音声があまり良好では無かったので迷っています。

よろしくお願いします。

 

 

死の縁無量

悲しい出来事がありました。

残念なことに安倍元首相が殺害されました。

こんなことがあるのかと言う思いが強く心がざわつきます。

犯人は即座に取り押さえられましたが警護は十分だったのか疑問が残ります。

桜田門外の変井伊直弼が殺された後、警護のもので生き残った人たちは切腹か斬首されています。

何か歴史の転換点にいるような気がします。

これから日本がどうなるのか問われている気がします。

日本の将来を本気で考えていた人、たとえば聖徳太子北条時宗徳川家康坂本龍馬犬養毅山本五十六及び無数の戦士達などなど。

人それぞれにいろんな人を思い浮かべることでしょう。

そんな重要な人たちが惜しまれながら亡くなっていくのも定めなのでしょう。

 

ところが全ての人を苦しみから救う仏様から見れば安倍元首相を殺害した犯人も救いの対象なのです。

そう思えないのが迷っている証拠なのかもしれません。

それにしても何の因縁か予想も出来ないことが起きます。

これと同じ事が私にも起きるのです。

 

「まさか・・・。」

 

誰にでも起きるのです。

個人的なことですが昔バイクに乗っているとき突然ぶつけられてバイクが大破したことがあります。

渋滞をすり抜けている時に横から突然ぶつけられました。

スピードも出ていなかったので有り難い事に身体は何ともありませんでしたがバイクは修復不能になりました。

一歩間違えれば死んでいたでしょう。

今はたまたま生きているだけなのです。

縁が尽きればこの世とおさらばです。

そのように「まさか・・。」と言うことが起こり死んで行くのかもしれません。

 

死の縁無量

 

人間はいつどこで死ぬか分かりません。

それは今この瞬間も同じです。

後悔はないか。

死んで行けるのか。

それは常にこの瞬間も問われているのです。

そしてこの世との縁が尽きたら次の世界に旅立つのです。

さて、次の世界はどんな世界なのでしょう。

 

阿弥陀様の世界に行きたいのなら南無阿弥陀仏にお任せするだけです。

現在、ただ今、堕ちるそのままの私を必ず助けるために南無阿弥陀仏と叫んでいらっしゃるのです。

「我をタノメ、我が名を称えよ、必ず救う」

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

 

たとえ天地がひっくり返っても、阿弥陀様のお慈悲だけ変わりはない

「たとえ天地がひっくり返っても、阿弥陀様のお慈悲だけ変わりはない」
常にそう言っていたお寺の住職がいたそうです。
お寺で子供たちが遊んでいても何かあるたびに言われていたようで子供たちの記憶に残っていました。
子供たちは「何を訳の分からないことを言っているのか」と思っていました。
何年か経って子供たちが大人になって集まったとき住職の話が出ました。
色々人生の苦労を味わって来て、あらためて住職の言葉を思い出したとき「本当にその通りだな」と言われたそうです。


この話を聞いたとき余程ご縁のある人たちだなと思いました。
小さいときから知らず知らずのうちにお育てにあずかっていなければ大人になったところでそうは思わなかったでしょう。
人生の辛酸を舐めさせられ、嫌でも苦しみを感じながらも生きていかねばならないとなったとき何が支えになるのか。


今の時代は不幸な時代です。
嫌でも何でもとにかくお寺に行かされていた人は身を通して仏教が染み込んでいくのです。
ところが今はお寺はただの景色になっています。
人生の苦しみを解決してくれるところでは無くなっているのです。


大草原の小さな家」というテレビ番組がありました。
日曜日になると家族揃って日曜日礼拝に行くのです。
帰り道に村の皆とおしゃべりをしながら夜はディナーを食べます。
当然神に祈ることを忘れません。
映画「ワイルドスピード」にも食事の前に祈る場面がよく出てきます。

町中のレストランで食事の前にいただきますの挨拶をしている姿をあまり見かけません。
そう言う自分も時々忘れています。
五濁悪世の時代です。
煩悩濁です。
政治の世界も嘘を平気についている人が沢山います。
近隣諸国では世界に嘘を撒き散らして平気です。
ある指導者が戦争の時、「我が国は人口が多いのだから多少死んでもどってことない」と言われたという話を聞いたことがあります。
とんでもないことです。
他人の命など何とも思っていないのです。
今日一日の糧を頂いたことに感謝している人はどれだけいるでしょう。
自分も含め、自分さえ良ければそれで良いと思っている人ばかりです。
まことは何処にあるのか。
私たちはそんな世の中に生きています。

「たとえ天地がひっくり返っても阿弥陀様のお慈悲だけは変わりはない」

有り難い言葉です。
このご縁に遭わせていただいた幸せを本当に希有なことと思っていない自分は情けない限りです。
それでも今この呼び声は私に響いているのです。
そして、皆様お一人お一人にも同じように響いているのです。

「仏心とは、大慈悲これなり」
観無量寿経

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

どうしたら信心決定できるのか(愚問だが大事な問題)

浄土真宗の教義がある程度分かってくるとどうしても出てくる疑問があります。

「どうしたら信心決定できるのか?」という疑問です。

 

いまさら言うことでもありませんが、浄土真宗は「後生の一大事の解決」が目的でもあります。

後生の一大事は、私が死んだ後苦しみの世界に行くかもしれない事です。

もう一つは信後の往生浄土の一大事がありますが、これは慶びですので問題になりません。

死後、苦しみの世界に行くかもしれないというその不安な気持ちを抱えたまま生きて行くのは辛いと思われる方は(ほとんどの方はそんなこと思ってもいません)、その解決がどうしてもしたくなります。

その解決のために信心決定が必要と言われています。

蓮如上人は御文章に何カ所も信心決定せよとか信を獲れとおっしゃっています。

後生の一大事の解決と信心決定の内容については、簡単に言えば「私の後生は阿弥陀様にお任せする」と言うことです。

ですが、そう簡単にいきませんので、いまだ信心決定出来ない人に出てくる気持ちは以下のようなものです。

なぜ、私は信心決定出来ないのか。

他の人は簡単に御信心を賜っているように思える。

私はお念仏もしている。

 しかし、私のお念仏は自力だから駄目だ。

聴聞もしている。

阿弥陀様の誓いも理解出来る。

仏願の生起本末も理解出来る。

私は煩悩具足も理解している。

阿弥陀様はそのまま救うと言われるが、そのままが分からない。

・・・

それに阿弥陀様が信じられない。

阿弥陀仏を信じよと言われるが本当に信じる事が出来るのか。

いや、信じよとは言われていない、任せよと言われている。

では、信じなくて良いのか。

中には信ずる心も念ずる心も求める心も無いと言う人がいるのに、どうして信心決定したような顔をしているのか。

・・・

信心を頂いた気がしない。

何が違うのか。

どうしたら信心決定出来るのか。

親鸞聖人が最も苦しまれたのは、仏の悟りを自力で開こうとしてもとても我が力が及ぶ世界ではないことに絶望されたのです。※1

それでも諦められず山を下りられ法然上人の所へ向かわれました。

そして、今まで修行してきた称名念仏(名号)が救いの証拠などと言われても絶対に信用できなかったことでしょう。

自力が当たり前の聖道門を捨てて初めて浄土門(他力)に入るわけですから。

そこで再度知らされたのは自力無功なのです。※2

親鸞聖人のような方でさえ我が身の力の無力さを思い知らされているのです。

まして仏の悟りを開くなど私達がとても太刀打ちできる世界ではないのです。

親鸞聖人は阿弥陀様に駄目だしをされて初めて我が身の自力を捨てさせられたのです。

その事に気付かれた親鸞聖人は本当に驚かれたと思います。

※3

いままで好相行(仏を見るため五体投地を行う行)や常行堂(不眠不休で不断念仏の行)で行っていた称名念仏(名号)に任せるなど思いもよらなかったことでしょう。

どうするもこうするもない、ただただ仰せに従っていくだけだと。

その事に気付かれた聖人は驚天動地の思いがあったと想像出来ます。

あまりの簡単さにとても信じられるものではないとも思われたことでしょう。

そのままの救いには言葉もなかったと思います。

※4、5

 

どうしたら信心決定出来るのか。

愚問ですが真剣に聞法すれば必ずぶち当たる思いです。

しかし、愚問は愚問です。

なぜなら、「どうしたら」という言葉には時間の長さがあります。

それは阿弥陀様の勅命に反しています。

「汝一心正念にして直ちに来たれ」

阿弥陀様はおっしゃっていらっしゃるからです。

 

「現在、ただ今、堕ちるそのまま

我をタノメ、我が名を称えよ、必ず救う」

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

※1

嘆徳文

「定水を凝らすといへども識浪しきりに動き、心月を観ずといへども妄雲なほ覆ふ。しかるに一息追がざれば千載に長く往く、なんぞ浮生の交衆を貪りて、いたづらに仮名の修学に疲れん。すべからく勢利を抛ちてただちに出離を悕ふべし」

 

※2

正像末和讃

自力聖道の菩提心 

こころもことばもおよばれず 

定没流転の凡愚は 

いかでか発起せしむべき

 

 

※3

歎異抄
聖人(親鸞)のつねの仰せには、「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。されば、それほどの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」と御述懐候ひしことを、いままた案ずるに、善導の「自身はこれ現に罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかた、つねにしづみ、つねに流転して、出離の縁あることなき身としれ」(散善義)といふ金言に、すこしもたがはせおはしまさず。 さればかたじけなく、わが御身にひきかけて、われらが身の罪悪のふかきほどをもしらず、如来の御恩のたかきことをもしらずして迷へるを、おもひしらせんがためにて候ひけり。まことに如来の御恩といふことをば沙汰なくして、われもひとも、よしあしといふことをのみ申しあへり。

 

※4

御消息集

・・・・・・(前略)

念仏往生の願(第十八願)は如来往相回向の正業・正因なりとみえて候ふ。まことの信心あるひとは、等正覚の弥勒とひとしければ、如来とひとしとも、諸仏のほめさせたまひたりとこそ、きこえて候へ。また弥陀の本願を信じ候ひぬるうへには、義なきを義とすとこそ大師聖人(法然)の仰せにて候へ。

 かやうに義の候ふらんかぎりは、他力にはあらず、自力なりときこえて候ふ。また他力と申すは、仏智不思議にて候ふなるときに、煩悩具足の凡夫の無上覚のさとりを得候ふなることをば、仏と仏のみ御はからひなり、さらに行者のはからひにあらず候ふ。しかれば、義なきを義とすと候ふなり。義と申すことは自力のひとのはからひを申すなり。

・・・・・・(後略)

   二月九日             親鸞

  慶西御坊 御返事

 

※5

顕浄土真実教行証文類
ここに愚禿釈の親鸞、慶ばしいかな、西蕃・月支の聖典、東夏・日域の師釈に、遇ひがたくしていま遇ふことを得たり、聞きがたくしてすでに聞くことを得たり。真宗の教行証を敬信して、ことに如来の恩徳の深きことを知んぬ。ここをもつて聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなりと。